チャリロト杯GI第60回ダイヤモンドレース(ナイター) 展望[日刊スポーツ]

飯塚

飯塚オートのチャリロト杯「G1第60回ダイヤモンドレース」は7月26日から30日まで、ナイターで開催される。外来は全国ランク1位の鈴木圭一郎、大会連覇を狙う青山周平、永井大介、金子大輔、早川清太郎、松尾啓史らがV戦線をリード。迎え撃つ地元勢は12年(第55回)有吉辰也以来、5年ぶりのV奪回を目指す。

全国ランク1位の意地

鈴木圭一郎が大会初制覇を狙う。昨年の同大会は青山周平に敗れて優勝戦2着だったが、今の勢いは断トツだ。整備力、スピード、スタートといずれもズバ抜けている。今年は初優勝が4月中旬と遅かったが、5月オールスター(川口)で史上初の4連続SG優勝を達成した。全国ランク1位のさばきが期待される。

実力者が連覇へ

近況は低空飛行が続いている青山周平が反撃に出る。7月地元戦で今年初優勝を飾ったのは明るい材料だ。飯塚はドル箱で昨年はSG1回、G1は3回(開設記念連続V、ダイヤモンド)優勝。大会連覇へ爆発の予感を感じさせる。

絶好調のグランドスラマー

グランドスラマー永井大介が好調だ。5月オールスター(優勝戦6着)から7月川口G1キューポラ杯(優勝)まで9連続優出。その中にはG1浜松ゴールデンからG2川口記念までの4連続優勝、1000勝達成もある。G1全場制覇へ夢は膨らむ。

好相性のバンクで

早川清太郎も7月川口G1キューポラ杯(優勝戦2着)まで6連続優出中と大活躍。今年は地元G1連続優勝(シルクカップとムーンライトCC)を飾った。飯塚は験がいいバンクで初優勝、初タイトル獲得(ジュニア選手権)、SG初優出など好走歴が多い。

信頼の地元エース

地元のエース浦田信輔への信頼度は高い。今年優出11回で、優勝は2月G2伊勢崎レジェンドカップを含め3回。車は安定しており、きっちり仕上げてくる可能性は高い。15年2月開設記念以来の地元G1優勝へ全力を注ぐ。地元勢ではスタート巧者の荒尾聡と篠原睦、地元4連続優出中(G2で1回優勝)の田中茂、4大会連続優出中の久門徹、大会ポスターの顔になっている鐘ケ江将平も注目される。

巻き返し狙う山陽勢

山陽勢の台頭も十分。巻き返し狙う岩崎亮一や、機力好調な松尾啓史、浜野淳ら層が厚い。他にも金子大輔、佐藤貴也、若井友和、池田政和、新井恵匠と実力派がめじろ押し。

今年初優出狙う

上昇のきかっけをつかんで今年初優出を狙う佐藤摩弥からも目が離せない。

日刊 PDF新聞

配信までしばらくお待ちください。

日刊 直前予想

予想配信までしばらくお待ちください。
投票締切・発走予定時刻 TV/LIVE中継 日程
出場選手一覧 勝ち上がりについて
グレードレース7 キャンペーン
ファンサービス アクセス

登録費・年会費無料のネット投票会員に登録して、
「オートレース」をもっと楽しもう!

無料ネット投票会員登録

ネット口座をお持ちの方は、即日で登録完了。
携帯電話からでもパソコンからでもご投票できます。 登録費や年会費などは無くご登録は無料です。お気軽にネット投票をお試しください。

オートレーステレホンセンター
お問合せ 03-6421-7401
福岡地区 0948-21-2345
山口地区 0836-35-2424
受付時間 受付9:30 ~ 最終レースまで
▲上部へ戻る