グレードレースMOVIE集

GRADE RACE MOVIE

グレードレースMOVIE集 2005年

Windows MediaPlayer 11

MOVIEを見るためには、適切なソフトウェアのインストールが事前に必要です。
未インストールの場合は右のアイコンをクリックし、リンク先のページの指示に従ってください。

SG SUPER GRADE RACE

PLAY

第20回スーパースター王座決定戦

2005年12月25日
優勝者:池田政和(船橋)

 レースは1枠浜野選手のフライングにより再スタートで行われた。スタート直後こそ山田選手がトップに立つも、1・2コーナーではすでに池田選手がトップへ。高橋選手も池田選手に続き真後ろで様子をうかがう状態。高橋選手はまず7周回バックでインに入ろうとするも入れず、8周回1・2コーナーで再度インを差しトップに立つ。しかし池田選手はすかさず9周回1・2コーナーで高橋選手を差し替えして再逆転。そのままトップでゴールに入った。
 これで池田選手は王座決定戦4V、SGはトータル8V達成となった。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第37回日本選手権オートレース

2005年11月6日
優勝者:岡部 聡(山陽)

第37回日本選手権の最終日は4日間とはうって変わり、朝からどんよりした天気。頂上決戦だけに誰もが良走路での決着を祈ったが、その願いも通じず、優勝戦は平成7年の飯塚大会以来10年ぶりの雨中での戦いとなった。

 向かえた16時10分過ぎ。2万人を越える大観衆が見守る中、Gacktさんが作曲したファンファーレを合図にその火ぶたが切って落とされた。

  レースはまず荒尾選手が宣言どおりのトップスタートを決め、浜野選手、池田選手がこれに続く展開。決して雨が得意とはいえない池田選手だが、2周回1コーナー渾身のまくりで荒尾・浜野両選手捕らえて先頭へ。しかし、試走1番時計「雨の鬼」岡部選手が黙っているはずもなくコーナー毎に池田選手との差をつめ、マッチレースに持ち込む。池田選手も意地を見せるが、濡走路での実績は岡部選手が1枚も2枚も上。4周回3コーナーで池田選手をパスするとその後は危なげない走りでSG戦V3を飾った。2着は池田選手、3着は荒尾選手。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第9回オートレースグランプリ

2005年9月25日
優勝者:山田真弘(船橋)

 台風一過の快晴のもと行われたSG第9回オートレースグランプリは山田真弘選手のSG初優勝で幕を閉じた。
 レースは、1コーナー先手の松尾選手を久門選手がまくり先行、山田、岡部、佐々木選手が続く。松尾選手は後退し、久門、山田、岡部、佐々木の4選手の争いとなった。山田選手が何度か内をのぞくが久門選手が抑え周回を重ねるも、5周4C久門選手がわずかにはらみ山田選手が内をすくい首位に立つ。以後久門選手が仕掛けるが、山田選手の巧走に阻まれて体制は変わらずそのままゴール。3着には佐々木選手を競り落とした岡部選手が入った。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第24回オールスターオートレース

2005年5月1日
優勝者:久門 徹(飯塚)

天候に恵まれたSG第24回オールスターオートレースは飯塚の久門 徹選手の優勝で幕を閉じた。 レースは久門選手がトップで1コーナーに入るも2周回3・4コーナーにおいて人気の一角池田選手がインをつきトップに。しかし今度は久門選手が3周回3・4コーナーにおいて池田選手のインをついて再びトップに立った。 その後1番人気の橋貢選手が久門選手の真後ろから何度か様子を伺うも、久門選手は前日の公言どおりブン回り平成15年5月に続き2回目のオールスター優勝を飾った。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第18回全日本選抜オートレース

2005年3月21日
優勝者:池田政和(船橋)

約3年ぶりのSG開催となった浜松で、2005年のSG戦線幕開けを飾る「第18回全日本選抜オートレース」優勝戦が行われ、船橋の池田政和選手が見事優勝を飾った。 レースはハンデ戦で争われ、1周回2Cで1・5号車が共に落車するアクシデント。 S残した8号車が逃げの態勢作るも、10mハンデからトップS切った地元の伊藤信夫選手(4号車)が2周回1Cで早々捌く。一方、池田選手はS出遅れたものの、4周回1Cで8号車を捌いて、2番手に浮上。先頭を走る4号車を6周回1Cでキッチリ内から抜きトップに立つと残り4周を残して決着をつけた。 池田選手は、全日本選抜初制覇、SG通算優勝回数も7回に。これで、グランドスラムへ「オートグランプリ」のタイトルのみとなった。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

GI GRADE 1 RACE

PLAY

第40回スピード王決定戦

2005年12月7日
優勝者:岡部 聡(山陽)

 GI第40回スピード王決定戦は日本選手権Vの勢いそのままに岡部聡選手が勝利した。
 レースは10線の西村選手がコンマ03のドンピシャスタートで0ハンの五所選手を喰って出る。注目の最重ハンは松尾選手が先行し、人気の岡部選手が続く展開。序盤で松尾選手、五所選手をパスした岡部選手が2番手へ上がり、周回毎に前を行く西村選手との差を詰める。迎えた6周回1コーナー、岡部選手が西村選手を捕らえて先頭に立つと、松尾選手も続き完全に両者のマッチレースへ。GI初優勝を狙う松尾選手もピッタリマークで追いすがるが、経験で上回る岡部選手が隙を見せずスピード王決定戦連覇を達成した。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第47回秋のスピード王決定戦

2005年11月23日
優勝者:木村武之(浜松)

 第47回秋のスピード王決定戦は晴天の中行われ、地元の木村武之選手が連覇を達成した。
 10メートルオープンの優勝戦。注目のスタートは荒尾選手、木村選手が内枠を利して飛び出し、伊藤選手は4番手。序盤は若手2車がレースを引っ張り、中段以降がもつれる展開。向かえた5周回3コーナーで満を持して木村選手が荒尾選手を捕らえて先頭へ。一方、人気の伊藤選手は中段のまま動けない。代わってスタート6番手から髙橋選手が1車ずつ捌いて前を行く2車を猛追する。髙橋選手は青旗で荒尾選手を捕らえると最終回4コーナー立ち上がりで木村選手の内を掬いチョイ差しを狙う。しかし木村選手がなんとかこらえ、秋のスピード王連覇を飾ると共に地元GI3連覇を達成した。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

オートレース発祥55周年記念船橋オート祭

2005年10月12日
優勝者:永井大介(船橋)

 秋晴れのなか絶好のコンディションで行われたオート祭優勝戦。早め抜け出した今シリーズ好調の竹谷選手を、永井選手が前団から追う展開が序盤から続き、5周回ホームストレッチで内側から一気に抜き去るとあとは得意の独走態勢に持ち込んだ。
 2番手争いは、前半で交わされながらも3番手で必死に前に食らい付いていた中村選手が竹谷選手を7周回3・4コーナーで抜き返 す好ファイトがあり波乱の一幕を演じた。
 オート祭の連覇は80年・81年と連覇し た飯塚将光選手以来24年ぶり2人目。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第12回ムーンライトチャンピオンカップ争奪戦

2005年9月6日
優勝者:永井大介(船橋)

台風14号の影響を受け、後半戦は雨中の戦いとなったGI第12回ムーンライトチャンピオンカップは、永井大介選手の優勝で幕を閉じた。
レースはスタート2番手で出た高橋貢選手が1週目から先頭に立ち後続を引き離すも、スタート後手の永井大介選手が周回ごとにじわじわ追い上げ、6周1Cで淺香潤選手を交わし2番手、7周バックで高橋貢選手をも抜き去りそのままゴール、伊勢崎のGレース初Vを飾った。永井選手はこれでGレース全場制覇達成となった。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第48回ダイヤモンドレース

2005年8月24日
優勝者:田中 茂(飯塚)

 飯塚オート初ナイターで盛り上がったGⅠ第48回ダイヤモンドレースは、地元の田中茂選手の連覇で幕を閉じた。
レースはフライングによる再スタートの後、スタートを 上手く抜け出した地元の久門 徹選手がトップに立ちそのままレース中盤まではキープするも、7周回3・4コーナーで田中選手が久門選手のインを差し、更に久門選手が再度田中選手のインを差すという激しいバトルの結果、見事田中 茂選手がトップでチェッカーを受け、表彰式では多くのお客様からホークススタイルによるジュット風船の出迎えを受けた。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第29回キューポラ杯争奪戦

2005年7月21日
優勝者:高橋 貢(伊勢崎)

全日晴走路で行われたGI第29回キューポラ杯争奪戦は、激闘の末全国ランクNo.1高橋貢選手(伊勢崎)の本年グレードレース初優勝で幕を閉じた。
レースは3周回1コーナーで田中茂選手(飯塚)の内に入った高橋選手が一度トップに立つも、3周回4コーナーで田中選手が高橋選手の内に入り、4周回1・2コーナーで再度高橋選手が田中選手の内へ入りトップへ。さらに、7周回4コーナーでは片平巧選手(船橋)が高橋選手の内を伺うなど最後まで目が離せないデットヒートの末、高橋貢選手がトップでゴールした。なお、人気の永井大介選手(船橋)は追い上げが届かず3着となった。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

共同通信社杯争奪プレミアムカップ

2005年7月3日
優勝者:田中 茂(飯塚)

「共同通信社杯GIプレミアムカップ」は乾き始めの不安定な走路状況の中行われ、飯塚のS1田中茂選手が序盤からまったく危なげのない走りで圧勝した。
0オープンの優勝戦。試走1番時計の2号車田中茂選手がスタート後の1コーナーをブチカマして回り、バックで先頭へ。2、3番手には永井選手、池田選手の船橋2車が続くが、田中茂選手との車速の差は歴然。その後も後続との差をグングン広げた田中茂選手が、終始セーフティーリードを保ったまま、こりん星から舞い降りたオート姫ことゆうこりんの振るチェッカーを受けた。田中茂選手は昨年のダイヤモンドレースに続いてGI2勝目。2着は永井選手、3着は池田選手。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

開場49周年ゴールデンレース

2005年6月1日
優勝者:木村武之(浜松)

GI開場49周年ゴールデンレース優勝戦は、スタートダッシュを決めた木村武之選手が、GI5回目の制覇を飾ると同時に地元記念グランドスラムを達成し、記念優勝に花を添えた。
レースは木村選手が好スタートから1周回3コーナーでトップに立つも、2番手に付けた篠原選手が4周回1コーナーでトップ奪取。しかし、木村選手は冷静なレース運びで次周回再びトップを奪い返し、そのまま後続を大きく引き離しトップでゴールした。
木村選手はこれでGI優勝5回目となり、地元浜松のGI・GIIレースでのグランドスラムを達成した。2着には7周回で2番手に上がった小林選手が入り、GI初Vを狙った篠原選手は好ファイト及ばず3着に散った。

シャンパンファイトの模様はこちら

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第28回黒潮杯争奪戦

2005年5月18日
優勝者:早船 歩(船橋)

「GI第28回黒潮杯争奪戦」は試走終了後に小雨が降り出すという不安定な走路状況の中、地元の早船歩選手が見事GI初優勝を飾った。
レースは10線からトップスタートを切った早船選手が2周回3コーナーで0ハン藤本選手さばいて先頭を奪う。同じく10線から好S決めた仲口選手が4周回1コーナーで2番手に上がり、人気の永井選手と池田選手が3番手でもつれる展開。中盤、逃げる早船選手を仲口選手が猛追し、先頭を奪う勢いだったが、5周回2コーナーの立ち上がりでひとスベリし万事休す。その後はアケアケで回った早船選手が終始セーフティーリードを保ったまま先頭でゴールを駆け抜け、うれしいGI初優勝となった。2着は最終バックで仲口選手をさばいた永井選手。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

第11回平成チャンピオンカップ

2005年4月13日
優勝者:穴見和正(山陽)

制度改革後初GIとなった「第11回平成チャンピオンカップ」、山陽所属選手だけの戦いとなった優勝戦は、ベテラン穴見和正選手が見事GI地元初優勝を手にした。
レースは序盤、好スタートを切り0ハン2車を捌いた池浦選手を穴見選手が5周回1・2コーナーにおいて内を突きトップとなった。その後、浜野・岡部両選手が穴見選手の内に切り込もうとするも自分のコースを守り、最終回最終コーナーにおいて浜野選手がまくろうとするも見事に逃げ切り18年ぶりにGI優勝戦をトップでゴールした。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

開設53周年記念グランプリレース

2005年3月9日
優勝者:池田政和(船橋)

間を通し天候に恵まれた「GI開設53周年記念グランプリレース」は池田政和選手が1番人気に応え圧勝しその幕を閉じた。
レースは人気の一角東小野選手が好スタートを切りトップに出るも2周目4コーナーで既に2番手につけた池田選手は、4周回3コーナーにおいて東小野選手を捌きトップへ。残り4周を残して決着をつけ平成16年6月のプレミアムカップIn Summer以来のGI優勝を決めた。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

プレミアムカップオートレース

2005年2月13日
優勝者:伊藤信夫(浜松)

全国ランク上位88名が集結し、ファイナルに残った8選手により、ベストコンディションで行われた今年度新設の「GIプレミアムカップ2005 in winter」優勝戦。記念すべき初のプレミアム冬開催を制したのは、オートレース最速レコード保持者(3.284)の伊藤信夫選手(浜松)だった。
レースは、自ら選んだ3号車からコンマ01のスタートを決めた伊藤信夫がトップスタートから弾丸一人旅。人気の一角・地元の久門徹選手が追いすがるも、伊藤選手が自慢の韋駄天を魅せつけ、新タイヤ導入後のレコードとなる3.329の好時計で優勝におまけを付けた。
伊藤選手は、これでGIV7。GIは平成14年のダイヤモンドレース以来の優勝となった。 また、年末のスーパースター王座トライアル出場への10ポイントを獲得し、早くも今年の総決算レースのキップに手をかけた。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
PLAY

飯塚開設48周年記念

2005年1月26日
優勝者:荒尾 聡(飯塚)

GI開催にしては珍しい地元8選手による優勝戦となった今年最初の記念開催「GI開設48周年記念レース」。
優勝戦は地元飯塚の荒尾聡選手(27期)がS1の意地を見せ逆転勝利を飾った。
レースは0Mオープン3枠から篠原選手がトップスタートを決め、篠原→荒尾(7枠)→別府(1枠)の隊列。中盤で別府選手がトップ争いから脱落し、篠原VS荒尾両選手の一騎打ちムードに。篠原選手が荒尾選手を再三ブロックするも、7周1コーナーで荒尾選手がインから逆転し、そのままトップでゴールした。
荒尾選手はこれで地元記念初制覇、昨年の黒潮杯(船橋)に続いてGI2個目のタイトル獲得となった。

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

GII GRADE 2 RACE

第1回オーバルチャンピオンカップ

2005年12月13日
篠原 睦(飯塚)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

GIIグランプリ

2005年11月15日
高橋 貢(伊勢崎)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

若獅子杯争奪戦

2005年10月23日
木村武之(浜松)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

オート名匠戦

2005年10月4日
岩田行雄(船橋)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

スターライトチャンピオンカップ

2005年8月7日
高橋 貢(伊勢崎)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

ヤングダービー

2005年7月12日
伊藤信夫(浜松)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

まがたま杯争奪戦

2005年6月22日
加賀谷建明(川口)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

ジュニア選手権

2005年6月12日
荒尾 聡(飯塚)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

GIIグランプリ

2005年3月28日
北渡瀬 充(伊勢崎)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

春のスピード王決定戦

2005年3月2日
人見剛志(山陽)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

若獅子杯争奪戦

2005年2月23日
永井大介(船橋)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:

期別対抗チャレンジカップ

2005年2月3日
谷津圭治(船橋)

PLAY

全レースオンデマンド(初日~最終日)

開催日:
レース:
ページTOP